雨月真鬼 『帰ってまいりました』

長らく留守にしていて申し訳ありませんでした。
昨夜帰って来ていたのですが、疲労がすごくて日記を書かずに寝てしまいました。

今日からまたアザーシナリオ製作を再スタートします。
数日空いてしまったので、ちょっと勘を取り戻すのに時間がかかりそうです。
今日は久しぶりに『想いノ破片』本編のシナリオを読み返したりしようかな、と、
そんなことを思っています。

BGM製作も少し本腰を入れて始めました。
MMの日記にもありましたが、今回はピアノの曲を増やそうと思っています。
アザーは、『想いノ破片』よりも少しだけ悲しい色が増えていると思いますので、
自然、そういった曲が増えてきそうです。

BGM製作について、私は誰かの影響を受けていません。
ですが、やっぱり「すごい!」と思う楽曲は世の中にとても多いです。
今日はなんとなく朝から久方ぶりに『久遠の絆』のサウンドトラックを聞いていました。
久遠の絆は、私がゲームをプレイして生まれて初めて感動した作品であり、
また、生まれて初めてプレイした恋愛物のゲームでした。
多くの衝撃を与えてくれた久遠の絆でしたけど、
一番印象に残っているのは、PSの電源を入れて少し待つと、
ゆっくりと立ち上がってきたそのタイトル画面です。
初回プレイ時、画面の前で固まってしまいました。
素晴らしい音楽と、画面でした。あまりに壮大で言葉もありませんでした。
夢中でプレイして、知り合いに布教して・・・。
数年後にサウンドトラックがネットの通販で買えるということを知りました。
友人にお願いして購入してもらい、また夢中で聞きました。
その頃、私はネットはおろか、PCすら持っていませんでした。

思えば、久遠の絆との出会いがなかったら、
購入の数年後に龍磨から五目御飯参加の要請を受けても、
もしかしたら断ってしまっていたかもしれません。
ゲームってすごいんだ、いろんな可能性があるんだ、と教えてくれた作品でした。
今でも大きな影響を与えてくれています。

久遠の絆のBGMは今聞いても素晴らしすぎて、
とてもじゃないけど私は影響を受けることすらできません。
少しでも近づけたら良いなあ、と思いながら、
BGMにしてシナリオを書こうと思います。
[PR]
by gomoku3 | 2005-03-07 10:51
<< 雨月真鬼 『話し合い』 MM 「代わりに書いてみる」 >>