雨月真鬼 『山形コミケに行ってきました!』

今日はとうとう山形コミケです。
朝早くに五目御飯の絵師、ひなたあゆむが迎えに来てくれて、
二人で山形に向かいました。
途中、乗るはずだった高速道路に乗りそこなったり、
朝から面白おかしいハプニングの連続でしたが、
なんとかサークル受け付け時間内に会場に到着。
大急ぎで設置です。

一般入場が始まり、雪崩れ込んでくる人波・・・と思いきや。
いやいやそこは流石地方イベントです。
何とものんびりとしたスタート。
少しずつお客さんが会場に入ってきます。

会場を見回してみてまず驚いたのが、
「うわ。お客さんの九割近くが女の子ですよ?!」ということ。
これには本当にびっくりしました。
よくよく会場のカテゴリ別スペース表を見てみると、
端っこに小さく『男性向け』の文字が。
まさか、と思い、さらに詳しいスペース案内を見てみると、
「男性向けスペースって五目御飯のスペースだけのことじゃん!」という、
衝撃の事実が判明しました。
他のエリアはほとんど女性向けで、ジャンプ系などが多数を占めており、
なんだかコミケも始まったばかりなのに早くも負けた気分です。

そうこうする内に会場はコスプレをした女の子などが多数入場し始め、
どんどん華やかな空気になって行きました。
「俺たちもコスプレしてくれば良かったね」
「いや、女装してきた方が良かったかも」
という会話が私とひなたあゆむの間で交わされる始末。

最終的には、
「想いノ破片いかがですか~(裏声で)」
「イベント特別価格ですよ~(裏声で)」
「女の子も楽しめちゃいます~(裏声で)」
というノリでお客さんに声をかける、というような悪夢の展開に。
通りがかった人達はみんな無言でスルーしていきましたけど。
(↑当たり前だ)

しかし売れません。
時折、希少な男性のお客さんも見えるのですが、
チラッと横目で見ては立ち去って行ってしまいます。
以前、仙台コミケでも同様でしたが、
どうも想いノ破片は東北の男性にアピールしないようです。
以前、あるショップの店員さんに聞いた言葉が脳裏を掠めました。

地方はエッチじゃないと売れないんですよねえ。
どうしてだかは分かりませんけど。


私達の力不足と言ってしまえばそれまでですが、
確かに想いノ破片はエッチという感じじゃないしなあ、と、
ほんの少し思ったりしながら流れ行く人々を見つめていました。

そうこうするうちに、五目御飯BBSでずっとお世話になっている、
Y.Gさんが遊びにいらっしゃいました。
スペースの中に入って頂いてお話をしたり、
一緒に他のスペースを見てまわったり。
山形のコミケ事情についても少しお話を伺います。

やがて少しずつ時間は過ぎていって、
「そろそろ撤退しようか」という話になりました。
想いノ破片は三部しか売れませんでした。
でも、それ以上その場にいても、もう売れないだろうと判断し、
ちょっと早い時間でしたが、帰ることにしました。
お昼も食べていないのでお腹が空いてきたこともありましたが。

Y.Gさんと共に回転寿司へ。
「売上分を全部食べてやる!」のようなノリで猛烈に食べました。
ちょっと高いお皿にも思い切って手を伸ばします。
暗い気持ちを吹き飛ばす勢いでガッツキました。

お腹が膨れて、さあ、会計だと思った所・・・、
「払いますよ」、とY.Gさんが。
いや、そういうわけにはいきません、売上もありますから、と、
ご遠慮を申し上げたのですが、颯爽と払ってしまわれました。
ご馳走になってしまった・・・。
Y.Gさん。本当にご馳走様でした。

その後まだ時間が早かったので、一向は近くのゲームセンターへ。
思い思いにゲームを楽しみます。
思えば私はここ何年もゲームセンターに足を踏み入れていません。
ぼけっと店内をうろついていた所、一つのゲームが目に止まりました。

『メルティ・ブラッド』。

おおっ。これがあの・・・、と、
思わず近付いて画面に見入ります。
言うまでも無いことですが、このゲームは元同人ゲームなんですね。
それがこうして現実としてアーケードに展開されている。
とても大きな感動を覚えました。
これはやってみなくてはなるまい、と、コインを投入。
レッツ・プレイ、です。

実は私は、格闘ゲームをプレイするのは約8年ぶりになります。
加えて、これはあんまり大きな声で言えないことなのですが、
実はまだ『月姫』を未プレイだったりもするのです。
キャラクター表を見ても、誰がどんなキャラだか分かりませんでした。
でも・・・、アルクェイド。
このキャラは知ってる!
一時期、想いノ破片の企画・原案である龍磨が、
「アルクたんハアハア」とか、
壊れたレコードのごとく事あるごとに口走っていたので、
いつの間にか覚えてしまっていたキャラでした。
早速プレイ。
そして音速で負ける。
対CPUならだしも、いきなり乱入&対戦で勝てるわけがありませんでした。
その後、時間を置いたりして500円分ほど挑戦してみるも、
結果は見事なALLストレート負け。
まあ、目に見えていた結果ですね。
ただ、念願だったメルティ・ブラッドをプレイできた事にとても満足しながら、
ゲームセンターを後にしました。

Y.Gさんと別れ、岐路につきます。
帰りは私が運転しました。
途中、ひなたあゆむ宅に寄って、
今後のアザーについて少し話したりもしました。
葉上シナリオに登場する新しいヒロインのビジュアルについても、
多少固まってきたように思います。
後は実際に形にしていくだけですね。
想いノ破片にこれまでいなかったタイプのヒロインになりそうです。
可愛い・・・と思いますが、それは実際に発表してから、
みなさんの反応を待とうと思います。

さて、長くなりましたが、これが今日一日のあらましです。
まとまっていなくて申し訳ありません。
勢いで書いてしまいましたので、なんだか酷い文章になってしまいました。
もしかしたらこのイベントが、
五目御飯として最後に参加するイベントになるかもしれませんので、
少し頑張って書いてみました。
最後が惨敗というのは少し寂しいですが、
まあ、五目御飯らしいかな、と。

今後はアザーの製作に全力を注ごうと思っています。
それでは、また。
[PR]
by gomoku3 | 2005-04-24 19:06
<< 雨月真鬼 『皐月』 雨月真鬼 『山形コミケ』 >>