雨月真鬼 『シナリオ書き復活』

なんとか生活も落ち着いてきたので、本日からまたコツコツと書き始めています。
こんばんは。雨月真鬼です。

PCの電源も入れられないほど多忙な時期もあり、正直焦っていましたが、
なんとか今後はペースをつかめそうです。
忙しい合間に時間を見つけては、いくつか小説の類を読むこともできましたので、
逆にいいリフレッシュになったかもしれません。
インプットが無いと、やはりアウトプットも痩せ細っていくものだなあと再確認しました。
まあ、全然ゲームに関係ないような本ばかり読んでいましたが(汗)
ただ、元々ラノベなどは読まない人間ですので、あんまり影響は無いと思います。

アザーのあらすじもどうにかこうにかまとまってきました。
とりあえず第一弾は百合花と怜那のストーリーについて、
ほんのさわりだけ公開することになりそうです。
想いノ破片のフォーマットに従い、
アザーについてもあんまり大きなどんでん返しなどがないので、
言及しすぎると速攻でネタバレ天国になってしまいます(笑)
適度に、でも期待は煽れるように。
ちょっと汚い感じで攻めていけたら、と思っています。
うわ。さらっととんでもないこと言ってるな。

ところで最近ちょっと思ったのですが、
アザーの需要ってどのくらいあるのでしょうか(笑)
想いノ破片を持っていないとプレイできない、という時点で、
結構致命的な気もする今日この頃です。
まあ、ファンディスクというよりか、五目御飯からのお礼の気持ちという感じで、
アザーはそんな位置付けだと思っていますので、
そこらへんはあまり深く考えないようにしてやって行きたいです。

モチベーションが下がってしまう。

さて、今夜はあとどのくらい時間が取れるかな・・・。
[PR]
by gomoku3 | 2005-05-10 21:49
<< 雨月真鬼 『アウチ』 雨月真鬼 『アザー情報公開の準... >>