雨月真鬼 『謝罪』

もしかしたらこれが私の書く最後の製作日記になるかもしれません。
こんばんは。雨月真鬼です。

すでにこの日記をご覧になっていらっしゃる方はご存知かと思いますが、
このたび、想いノ破片アザーの製作を中止しました。
一向に進まない作業と、それに伴うフラストレーション。
随分悩んで、しまいには体を壊すありさまでした。

五目御飯というサークルは、結成当初、実はそのメンバーの大多数が学生でした。
活動期間が延びるにつれて、それが少しずつ変わって行き、
現在、まだ学生である私を除いて、メンバーの全員が社会人になっていたりします。
そういった背景もあり、段々活発な活動が難しくなってきました。
特に今年の4月に入ってからというもの、個々人のスケジュールがどんどん厳しくなり、
気が付けば、私以外のメンバーはほとんど作業ができない状態になっていました。
また、私も学生生活が忙しくなってきており、思うように時間が取れない日々が続きました。
誰が悪かったかと言われれば、見通しが甘すぎた私達サークル全員の責任です。
根拠も無く「なんとかなる」を繰り返してお茶を濁す毎日を過ごすうち、
いつのまにか身動きが取れなくなってしまっていました。
やっと現実を冷静に見つめた時、私達は続けることはできない、と、
決定を下すことしか出来ませんでした。

この日記などで「アザーは絶対に出します」と言って来ました。
申し訳ありません。全て嘘になってしまいました。
言葉もありません。申し訳ありません。

正直に言うと、本当に悔しいし、寂しいです。とても寂しいです。
どうしようもなく悔しいです。
もっと上手い方法があったのではないか、と埒も無いことを考えてしまいます。

私は今後、余程のことが無い限りは五目御飯で活動をすることは無いと思います。
アザーの作業において、どうしても作業時間の取れない他のメンバー達を寂しく思いながら、
一人でとても孤独に製作をしてきました。
もうああいう気持ちにはなりたくない、という思いが強いためです。
ただ、五目御飯のメンバーはみんな本当にいい人で、
私はみんなと今後も友人として付き合って行きたいと考えています。
それだけはちゃんとお断りしておきます。
状況が許さなかった。そして今後もそれは高い確率で続くだろう。
それだけのことです。

私は、今後のことはまだはっきりと決めていませんが、
GotoSでの活動も続けていくつもりですし、
昔書いた企画について、友人が一緒にやろうと言ってくれています。
もしかしたらまたどこかでひっそりと活動を始めるかもしれません。
でも、今は少し休みたいと思っています。

最後の日記だということで随分突っ込んだ内容になってしまいました。
今後も掲示板などは毎日目を通すつもりでいますし、返信もいたします。
もう私が五目御飯でできることはそのくらいです。

それでは、今までお世話になった多くの方々、本当にありがとうございました。
本当に、本当にありがとうございました。
こんな終わりで申し訳ありません。
本当にありがとうございました。


サークル五目御飯 雨月真鬼
[PR]
by gomoku3 | 2005-06-05 22:45
<< 雨月真鬼 『お久しぶりです。近... 雨月真鬼 『変更』 >>