雨月真鬼 『うーん』

こんにちは。雨月真鬼です。
気がつけばいつの間にか五目御飯の代表になってるような・・・。
本当はピコはん(うちのプログラマです)だったのですが。
開き直って今度から『代表だ!』って言っちゃおうかな。
いや、威張る必要は皆無なんですけど。

さて、練習用の短編ゲームの為にシナリオ書き中です。
早速煮詰まってます。
大体内容は決まったのですが、なかなか書き出しが上手く行かなくて。
書き出しって難しいです。本当に。
普通に始めてもつまらないし、かといって奇抜すぎると破綻するし。
サラリと始めたいなって思ってますけど、多少はザラつきも欲しい。
なんだかなあ。小説なら割合簡単なのに。
ゲームだと掴みの部分って特に重要な気がして七転八倒です。
そういや想いノ破片の掴みはひどかったなあ(遠い目)

話は変わりますが。
実は最近選択肢なしのノベルゲームが増えてると人づてに聞き、
どうしようか迷ってましたが、
数は少ないけど、選択肢ありにすることにしました。
ゲームならではの『選択肢』っていう独特なシステムを使いたいな、と、
そう思った次第です。
ただ、そう考えた以上、有用な物にしたいと思っています。
選択肢での判断によって以降の展開が大きく変わったりとか。
でもそれをやるとシナリオ量が膨大になるしなあ。
選択肢の数を減らすという方向で行くことになりそうです。
短編だし、多くても二つくらいに絞っておきましょうか。

シナリオ構造をもう少し練る事にします。
[PR]
by gomoku3 | 2006-05-29 21:04 | シナリオ製作
<< 雨月真鬼 『お話し合い』 雨月真鬼 『新作に取り掛かる前に』 >>