雨月真鬼 『短編ノベル。そして新作のシナリオについて』

色々あって、短編ノベルは俺が独りで、
新作のほうは俺と胡音の二名でシナリオを担当することになりました。
独りきりで書く短編ノベルの方はともかく、新作の方は、
シナリオライターが二人いる利点を最大限活かした設定になります。
企画段階でそこの部分はクリアできていると思います。
今日、ちょっと閃いたことがあったので胡音にメールを入れておきました。
これが採用されれば、さらにそのシステムが強固に作用するはずです。
その分、作業の負担は大きくなりますが・・・。
演出面にも大きく関わる部分でした。

今回、俺が独りで短編ノベルのシナリオを担当するということで、
(胡音は画像素材の処理関係やHPのデザイン等に回ってくれます)
すでに胡音は新作のシナリオに取り掛かろうとしている模様です。
俺も早く短編ノベルを仕上げて新作の方に移りたいと思います。

さて、これからの流れですが・・・。

まず、新たにサークルを立ち上げるのは、
短編ノベルの発表と同時にする、ということで決定しました。
一応、来月の半ば頃を暫定的に予定としています。
作業の進度によって少し前後するかもしれません。
短編ノベルが仕上がってもHPがなくては発表できませんしね・・・。

新しいサークル名もその時に同時に発表いたします。
このサークル名についてですが、実はちょっと問題があったのです。
が、昨日、OKが出ました! このまま突っ走っていけそうな按配です。
その辺りの詳しいお話は新しいサークルHPにてご説明します。
俺個人にとってはとてつもなく嬉しいことでしたので、早くお知らせしたいです。

さて、まずは短編ノベルです。
ちょっとした仕掛けをしてみるつもりですので、それが上手く機能すればいいな、と思っています。
[PR]
by gomoku3 | 2006-06-21 17:58 | シナリオ製作
<< 雨月真鬼 『疾走感を下さい』 雨月真鬼 『本日は一言だけどう... >>